ARCHIVES

政治・行政・メディアの専門性の劣化を食い止めることは可能か

OUTLINE

輿論(よろん)と世論(せろん)は少なくとも戦前までは別の言葉でしたが、現在この言葉の区別がついている人はもはや少数派と思われます(注1)。輿論(よろん)は「万機公論に決し私に論ずるなかれ」という(明治政府の)五箇条の御誓文(第一条)を源流とする「専門家による公開討議」です。これに対し「世論(せろん)」は「大衆による勝手気ままな意見」で、輿論を戦わせている専門家はこれに惑わされてはならない、と考えられていました。しかし昭和21年に公布された当用漢字表から「輿」が抜け落ちたことで、事実上「よろん」と「せろん」の区別がつかなくなり、現代は「世論(よろん)」だけになってしまいました。輿論(=公論)はどこかへ吹っ飛んでしまった、というわけです。茶番に成り下がった国会での俗悪な論戦を観察するだけでこの事実が確認できます。

2020年 11月20日 開催

VIDEO

動画抜粋版
この動画を全編視聴する

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後新教養主義宣言で開催される全てのトークイベント(ライブ視聴を除く)が月額500円で視聴できます。

政治・行政・メディアの専門性の劣化を食い止めることは可能か

Vimeo全編の視聴はこちら

Vimeoの登録・支払い方法はこちらをご覧ください。

GUEST PROFILE

佐藤卓己(さとう・たくみ)
佐藤卓己

1960年生まれ。京都大学大学院教育学研究科教授。メディア史、大衆文化論を専攻。2020年にはメディア史研究者としては初めて紫綬褒章を受賞した。
著書に『メディア論の名著30』(ちくま新書)、『大衆の強奪―全体主義政治宣伝の心理学』(創元社)、『流言のメディア史』(岩波新書)など。

村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)
村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)

1948年東京都生まれ。東京大学文学部宗教学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。上智大学グリーフケア研究所所長を経て、大正大学教授。おもな研究領域は、近代日本宗教史、宗教理論、死生学。
『宗教学の名著30』(筑摩書房)、『宗教ってなんだろう?』(平凡社)、『ともに悲嘆を生きる』(朝日選書)、『日本仏教の社会倫理』(岩波書店)など著書多数。

ARCHIVES

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後開催される全てのトークイベントが月額500円で視聴できます。

NEWSLETTER

local knowledge 編集部のお勧め記事やウェビナー・ウェブイベントのお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。