ARCHIVES

専門家のためのリベラルアーツについて考える

OUTLINE

今回のテーマは「専門家のためのリベラルアーツ」。ゲストには東京大学教授の藤垣裕子氏をお迎えし、第1回で村上氏が問題提起した「専門化が進んだ時代に、隣の領域の問題に口出しができるか」について議論を交わしていきます。

2021年 8月21日 開催

この動画を全編視聴する

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後新教養主義宣言で開催される全てのトークイベント(ライブ視聴を除く)が月額500円で視聴できます。

Vimeo全編の視聴はこちら

Vimeoの登録・支払い方法はこちらをご覧ください。

GUEST PROFILE

藤垣裕子(ふじがき・ゆうこ)
藤垣裕子(ふじがき・ゆうこ)

東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。東京大学助手、科学技術庁科学技術政策研究所、東京大学准教授をへて、2010年より同教授。専門は科学技術社会論。著書に『専門知と公共性』、『科学者の社会的責任』、共著に『大人になるためのリベラルアーツ』、編著に『科学技術社会論の挑戦』など。

村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)
村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)

1948年東京都生まれ。東京大学文学部宗教学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。上智大学グリーフケア研究所所長を経て、大正大学教授。おもな研究領域は、近代日本宗教史、宗教理論、死生学。
『宗教学の名著30』(筑摩書房)、『宗教ってなんだろう?』(平凡社)、『ともに悲嘆を生きる』(朝日選書)、『日本仏教の社会倫理』(岩波書店)など著書多数。

ARCHIVES

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後開催される全てのトークイベントが月額500円で視聴できます。

NEWSLETTER

local knowledge 編集部のお勧め記事やウェビナー・ウェブイベントのお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。