ARCHIVES

ジェンダー論から「知」の未来を考える

OUTLINE

日本の近代教育はその黎明期から、明確なジェンダーによる非対称性を有していた。近代教育の出発点としての学制(明治5年)は、一見、女子・男子の教育の機会均等を打ち出しながら、女子教育の目的を「母」になるためと見定めた。明治初期の最初の女子留学生は、国際的視点をもつ女性の養成を一時的に目標としたが、その経験を帰国後、直接的社会実践に実らせたのは津田梅子のみであった。

明治32年の高等女学校令が示した「良妻賢母主義」教育は、女性の生計労働と家庭における母・妻としての役割の両立不可能性を基盤とし、明治の新聞、雑誌記事にみる女子教育観も、職業教育としての「専門」教育ではなく、「高等の奥様」として、「家庭」において夫を支えるための教育を主流としている(佐伯2012)。

2021年 7月30日 開催

この動画を全編視聴する

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後新教養主義宣言で開催される全てのトークイベント(ライブ視聴を除く)が月額500円で視聴できます。

Vimeo全編の視聴はこちら

Vimeoの登録・支払い方法はこちらをご覧ください。

GUEST PROFILE

佐伯順子(さえき・じゅんこ)
佐伯順子

大学で歴史学(西洋中世史ゼミ)、大学院で比較文学比較文化を学び、国際日本文化研究センター客員助教授等を経て、現在、同志社大学大学院社会学研究科、社会学部メディア学科教授。学術博士(東京大学)。著書に『「色」と「愛」の比較文化史』(岩波書店、サントリー学芸賞、山崎賞)、『「女装と男装」の文化史』(講談社メチエ)『男の絆の比較文化史』(岩波書店)ほか。

村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)
村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)

1948年東京都生まれ。東京大学文学部宗教学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。上智大学グリーフケア研究所所長を経て、大正大学教授。おもな研究領域は、近代日本宗教史、宗教理論、死生学。
『宗教学の名著30』(筑摩書房)、『宗教ってなんだろう?』(平凡社)、『ともに悲嘆を生きる』(朝日選書)、『日本仏教の社会倫理』(岩波書店)など著書多数。

ARCHIVES

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後開催される全てのトークイベントが月額500円で視聴できます。

NEWSLETTER

local knowledge 編集部のお勧め記事やウェビナー・ウェブイベントのお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。