WEBINAR

『エリートと教養』刊行記念 特別講義

OUTLINE

「責任は痛感するが、取る必要はない」ことを貫く政権に対する不信感が高まっていた頃、「これからこの国にエリートと称されるに値する人物が登場する可能性はあるのだろうか」という素朴な疑問を抱き、村上陽一郎先生に「エリートと教養」というテーマで書いていただけないかと打診したのが、2019年の1月頃だった記憶があります。かなり躊躇されていた先生が無理やりひねり出してくれた最初の原稿「エリートと教養 1 高貴なる者の義務」がまさに「我が意を得たり」だったこともあり、以降このテーマで 19本の原稿をいただき「新教養主義宣言」として公開しました。今回、この連載がこのたび、大幅な加筆・修正を加え『エリートと教養 —ポストコロナの日本考』として中央公論新社から発行されます。

村上先生からは「教養、も、エリート、もどちらも、日本社会では、正面からは扱い難い話題です。臭みがあって、自分は「教養人だ」とか、まして自分は「エリートだ」などとは、とても口に出来ない言葉、もう少し正確に言うと、自分が「教養人」であるとか「エリートである」と思っている人ならば、とても口には出来ない言葉のようです。他者に使うときも、揶揄などの否定的ニュアンス抜きでは受け取られない傾きがあります。しかし、少なくともヨーロッパ語では、<a man of culture>, <ein Mensch mit Kultur>、或いは<homme de haute culture>などの表現は、字義通りの意味で使うことができるのではないでしょうか。そんなことが気になって、これまでも、この話題の書物を幾つか公にしてきました。今回は、新書という媒体でもあり、またこの歳になっての決算という意味でも、少し風合いの違う表現になっているつもりです。そう言えば、ドイツ語に<Aussage>と<Ausdruck>という似たような「表現」があります。どちらも「(意見の)表出」なのですが、ニュアンスはかなり違います。これまでの書物が<Aussage>に傾いているとすれば、今回は私は<Ausdruck>の方を重んじた、と言っておきましょう」というコメントをいただきました。

今回の新教養主義宣言は、この『エリートと教養』を教材に、編集を担当した中央公論新社の黒田剛史さんを交え、期せずして「真のエリートが存在しない」ことが詳らかになったこのコロナ禍中に実施してみたいと思います。リベラルアーツとは異なる「教養の本質」があぶり出される講義になるでしょう。

SCHEDULE

『エリートと教養』刊行記念 特別講義

2022/02/18(木) 19:00~

お申込みいただいた方が当日お時間に都合がつかなくなった場合には、動画アーカイブでオンデマンド視聴が可能です。(動画配信開始後1週間ご提供いたします)。

料金

1,500円(税込)

会場

Zoomミーティングを利用したオンラインイベントです。 お申込みいただいた方には、前日までに参加URLをメールにてお送りします。

お申し込み
Peatixお申し込みはこちら

チケットの購入期限は当日2月18日の18:00までとさせていただきます。

主催

local knowledge 編集部(スタイル株式会社)

村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)
村上陽一郎 (むらかみ・よういちろう)

1948年東京都生まれ。東京大学文学部宗教学科卒業。同大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。東京大学名誉教授。上智大学グリーフケア研究所所長を経て、大正大学教授。おもな研究領域は、近代日本宗教史、宗教理論、死生学。
『宗教学の名著30』(筑摩書房)、『宗教ってなんだろう?』(平凡社)、『ともに悲嘆を生きる』(朝日選書)、『日本仏教の社会倫理』(岩波書店)など著書多数。

ARCHIVES

local knowledge アーカイブズは動画配信プラットフォームVimeo上にてご利用いただく有料サービスです。 過去の動画及び今後開催される全てのトークイベントが月額500円で視聴できます。

NEWSLETTER

local knowledge 編集部のお勧め記事やウェビナー・ウェブイベントのお知らせをお届けします。ぜひご登録ください。